清泉女学院の沿革

  • HOME »
  • 清泉女学院の沿革

清泉女学院の沿革

昭和9年11月スペインの聖心侍女修道会本部からシスター4名が来日
昭和10年4月吉田茂夫人雪子氏らの協力を得て麻布三河台(現六本木)の志賀直哉邸跡に「清泉寮」開校
昭和11年3月吉田雪子氏が清泉寮校歌の作詞を佐佐木信綱氏に依頼
昭和13年5月財団法人清泉寮設立認可、清泉寮学院開校
昭和19年3月戦争激化により清泉寮学院閉鎖
昭和19年8月戦争激化によりシスターたちが長野県に疎開(~9月)
昭和21年4月清泉寮学院開校(長野市)〔長野清泉女学院高等学校の前身〕
昭和22年4月清泉女学院中学校開校(横須賀市)
昭和22年4月清泉女学院小学校開校(横須賀市)
昭和23年4月清泉女学院高等学校開校(横須賀市)
昭和24年4月長野清泉女学院高等学校開校(長野市)
昭和25年4月長野清泉女学院高等学校に中学校を併設(長野市)
昭和25年4月清泉女学院小学校鎌倉分校設置(鎌倉市小町)
昭和25年4月清泉女子大学開学(横須賀市)
昭和26年2月組織変更により財団法人清泉寮が学校法人清泉女学院となる
昭和26年4月清泉幼稚園開設(渋谷区代々木)
昭和28年5月鎌倉分校が鎌倉清泉女学院小学校として独立(鎌倉市雪ノ下)
昭和34年3月長野清泉女学院中学校廃止(長野市)
昭和35年4月鎌倉清泉女学院中学校開校(鎌倉市雪ノ下)
昭和36年4月長野清泉女学院高等学校に専攻科併設(長野市)
昭和36年6月清泉インターナショナル学園設置認可(渋谷区代々木)
昭和37年3月清泉インターナショナル学園が品川区五反田(現清泉女子大学敷地内)に移転
昭和37年4月清泉女子大学が横須賀市から品川区五反田(現在地)に移転
昭和38年4月清泉女学院小学校(横須賀市)と鎌倉清泉女学院小学校(鎌倉市雪ノ下)が清泉女学院小学校(鎌倉市雪ノ下)として統合
昭和38年9月清泉女学院中学高等学校(横須賀市)と鎌倉清泉女学院中学校(鎌倉市雪ノ下)が統合、清泉女学院中学高等学校として鎌倉市城廻(現在地)に移転
昭和39年3月清泉幼稚園廃止(渋谷区代々木)
昭和41年4月専攻科に代わり、清泉女学院幼稚園教員養成所を開設(長野市)〔現短大の前身〕
昭和43年4月清泉女学院幼稚園教員養成所から清泉女子専門学校に校名変更(長野市)
昭和44年4月清泉女子専門学校から清泉保育女子専門学校に校名変更(長野市)
昭和44年4月清泉女学院小学校から清泉小学校に校名変更(鎌倉市雪ノ下)
昭和47年9月清泉インターナショナル学園が清泉女子大学内敷地から世田谷区用賀に移転
昭和48年3月清泉女子大学が学校法人清泉女学院から分離独立し、学校法人清泉女子大学設立
昭和56年4月清泉女学院短期大学開学、幼児教育科・英語科設置(長野市)
平成4年4月清泉女学院短期大学に国際文化科設置(長野市)
平成15年4月清泉女学院大学開学、人間学部文化心理学科設置、短大英語科募集停止(長野市)
平成15年4月清泉女学院短期大学、国際文化科から国際コミュニケーション科に名称変更(長野市)
平成20年4月清泉女学院大学、文化心理学科から心理コミュニケーション学科に名称変更(長野市)
平成21年4月長野清泉女学院中学校開校(長野市)
PAGETOP
Copyright © 学校法人清泉女学院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.